今日も知らない街を歩く

雑記に近い形でちまちま書いていきます。

肉の万世と子どもの夢

  「疲れた」という言葉を聞くとこっちまで疲れるから、1回疲れたと言ったら100円貯金するルール。それが「疲れた募金」。 今年の6月に始めて3ヶ月、それなりの額が貯ったっぽいので、姉とご馳走を食べることにした。

  f:id:TownBeginner:20170920222636j:image

肉の万世 秋葉原本店の粗挽きハンバーグにチェダーチーズをトッピング。

子供の頃から好きで食べていたけど、チェダーチーズををトッピングできるようになったのは確か最近の話。時代だと思う。ハンバーグが他のものと比べてジューシーで、あらびきっぽさがたまらない。

  f:id:TownBeginner:20170920222710j:image

  牛すじ煮込み。万世に牛すじ煮込みがあることを知らなかった。あまり両親はホルモンとかを好んでは食べなかったし、子どもにも食べさせようとはしなかったから、発見が遅れた。初めて食べた万世の牛すじ煮込みは、しっかり臭みも取れてて美味しかった。甘辛く煮付けた煮込みが多いけど、こしょうをきっちり効かせていることも良かった。

 

  万世は子供の頃からご馳走だった。

  幸いなことに、ステーキや焼肉の美味い店はいくつか知ることができたけど、ご馳走として肉を食べたいとなった場合、今でも必ず万世は候補に上げる*1。僕にとって、万世は料理だけじゃない。電気街であり、電車も含めて万世だ。

 

f:id:TownBeginner:20170920222648j:image

  万世店内より。もう石丸電機もサトームセンもヤマギワもないけど、色とりどりの看板とネオンサイン 、少しさみしげに灯る電灯は、今でも電気の街だと感じる。店内にひったのは9時頃だったけど、7時頃のネオンサインが最も光る時間帯は、飽きずに外を見つめていられた。

 

f:id:TownBeginner:20170920222653j:image

f:id:TownBeginner:20170920222644j:image

  左手は中央線が走る。ただ子供の頃はなぜかあまり外の電車を見た記憶がない。当時近くにあった交通博物館は好きで行っていたので、電車にも興味を示していたはずなのだけど。多分電気街の方のネオンサインに夢中だったか、電車が通るたびにうるさいから、電車の見えない席に連れて行かれたか、のどっちかだと思う。

  

 

  今日は母の命日だった。

  母は万世でロブスターを食べていた。それほど肉は好きではなかったのだろう。それでも万世に行ったのは、間違いなく「僕が喜ぶから」だったと思っている。夢見心地で電気街にはしゃいで美味しそうにハンバーグを食べる息子を見て、母は何を思っていたのだろう。

 

  「命日だから」と、あまり大げさに何かをするということをしてこなかったのだけど、ちょっとイベントを、と心境に変化があったのは、加齢のためなのかどうかは、よく分からない。  もういない人のことを思い出すことが、これから少しずつ増えていく。それはなんだか、これまで生きてきたことの振り返りにも似て、かつての自分を思い起こす。

  きっとこれからも、こうして何かを食べながら、かつての人々や自分を思い出していくのだろう。

*1:一人で食べる、という条件付きだけど。二人以上で、となった場合のシチュエーションが今のところ無い。