読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も知らない街を歩く

雑記に近い形でちまちま書いていきます。

バックギャモンフェスティバルにフル参加

 バックギャモンフェスティバルにフル参加した。

 

www.backgammon.gr.jp

 

 本来ならばゲームの方に書くべき内容なのだけど、日常の活動記録にもかなり影響していると感じたので、こっちに書く。

 

f:id:TownBeginner:20170505180322j:image

 バックギャモンは、人狼ルームで行われたバックギャモンのイベントがきっかけでハマりだした。もともと10年以上前にやっていたことはあったけど、その時は仕事が忙しくなったり仲間が作れなかったこともあって、フェードアウトしてしまった。なので、バックギャモン熱は再燃と行った方が適切かもしれない。

 アプリ「BackGammonAce*1」や毎週火曜日に行われている代官山のバックギャモンナイトには参加しているけど、せっかくやっているのだから強い人と真剣にぶつかってみよう*2。そう思って参加した。

 

 写真を失念してしまったのだけど、大崎ブライトコアの広いホール一面にバックギャモン卓がずらりと並んでいる光景はとても魅力的だった。ここで小学生や外国人も含めたバックギャモンプレイヤーが真剣にワイワイ遊んでいて、傍から見ていても楽しい光景だった。

 

1/8 日本選手権

 最初に参加したのは、1/8日本選手権*3。初めての公式戦、7ポイントマッチもクロックを使う試合も初めてで、かなり緊張したのを覚えている。

 

f:id:TownBeginner:20170505180333j:image

 スコアシート。自分が3点、相手が7点で敗退。

 対局後、相手の方に

「ダブル遅過ぎました?」

 と尋ねたところ、

「遅すぎる。負けているのだからもっと積極的でも良かった、3点よりもっと取れた可能性がある」

と、ちゃんと指摘がもらえたのが嬉しかった。

 バックギャモンは運ゲーであり、初心者が世界チャンピオンに勝つことのできるゲームとは言うけれど、ポイントマッチでキューブアクションも絡むと、実力差がある対決ではやはり実力のある方が勝つと思う。

 機会を掴んだ方が勝つゲームは、機会を作れる方が、機会を逃さない方が勝つ。

 

中級戦

f:id:TownBeginner:20170505180355j:image

 5/4 は中級戦に参加。ルール自体は日本選手権と同じく7ポイントマッチ。

 こちらも初戦敗退。写真は敗退時のもの。5-4でリードしていたのに相手のダブリングをテイクしてしまったのが最大の敗北要因。結果、ギャモン負けを喫して逆転負け。「ポイント取られてもギャモン負けされなければ、相手は6点だから大丈夫。こちらが勝てばそのまま勝利」と考えてしまったけど、相手が勝てば次はクロフォードルールでダブルできないから、結局2勝しないといけないという考慮が無かった。

 そもそも、勝率を考えてもパス気味だったと考えると、ますます悔しい。こういう大ミスをして勝てるほど大会は甘くない。

 

 もっとポイントマッチをやって、キューブアクションの感覚をつかみたい。いや、ムーブに課題があるのはわかるのだけど。

 

バックギャモン検定

 当日、バックギャモン検定なるものがあることを知り、慌てて申し込む。

 内容は50問のマークシートで、ムーブまたはダブリングキューブの最善手を選択するものがほとんど。終了後は検定書だけでなく解答・解説ももらえる親切仕様。

f:id:TownBeginner:20170505182309j:image

 検定の結果。ランクはA〜Dまでなので、現時点の実力はほぼ最低ランク。エラーレートは1回のミスでどれだけの影響のあるミスをしているかの指標。エラーレート×1000÷誤答数で、1回のミスでどれだけ酷いミスをしているかが目安がわかる。100を超えると酷いミスなので、少なくともムーブは酷いミスをしていることが分かる。

 あと、予想はしていたけど中盤・終盤の動きもよろしくない。問題は実際の対局で出会しそうな盤面と思えるものが多く、凄く迷ったのを覚えている。だからこそ解説があるのが嬉しい。協会の方にも

「点数は別にいいから、まずはしっかり解説を読んで理解することが大事」

とのコメントをいただいたので、勉強に励む。

 

 年1回の検定と思われるので、来年には20問以上正解して名実ともに中級者になれるように。

 

寿司ギャモン

 ある意味、今回の目玉企画。

 ルールは1Pマッチ、ただし、ベアオフ(自分の駒を上げる)する時には、ベアオフする駒の数だけ寿司を食べなければならないというルール。時間制限は4分、寿司を口に入れるまでは時間を止められないため、ムーブだけでなく寿司を食べる時間との勝負。

 f:id:TownBeginner:20170505222951j:image

  第一回戦終了時点の様子。負けるかと思いきや、相手の駒をヒットできて逆転勝利。しかし終盤は時間との戦いになり、かっぱ巻きを慌てて口に押し込む場面も。普段は嬉しいゾロ目が、今回は4貫を口に入れないと時間を止められないためかえって厄介になっているのが面白かった。

 

f:id:TownBeginner:20170505180356j:image

 第2回戦(準決勝)は少し寿司ネタが豪華に。ただし握りネタは巻き物よりも食べるのに時間がかかるため、残り時間によっては泣く泣く諦めなければいけない可能性あり。残念ながらここで敗退。まだ胃袋には余裕があったため勝ちたかった。

 対戦相手の方と苦手なネタの有無の話をしていて、海老が嫌いだと伝えたら最初のベアオフで海老を食べてくれたのが嬉しかった。

 

f:id:TownBeginner:20170505224411j:image

  決勝戦は中トロもウニもある豪華なネタが用意されているものの、決勝進出者はどちらも2戦で30貫も食べているため、そろそろ胃袋が辛くなる戦い。しかし、僕と2戦目で戦った方は、ペースを全く乱さず寿司を食べ切り勝利。寿司王の称号を手にしていた*4

 ある意味、日本選手権や中級者よりも観戦していて楽しく満足度の高いイベントだっった。

 

 バックギャモンは世界最古の運ゲーと呼ばれているけど、運を引き寄せるためには準備が必要で、それができなければ、運をつかむことができない。たまに仕事や起業の話で出てくるエピソードではあるけれど、バックギャモンをやることでよく体感できた。真剣にやるゲームは間違いなく自分の体験となり、何がしかの事を得られる。そう思う。

 

 十年以上前に初めて知ったゲームに、こうやってハマることができるとは思わなかった。人との交流という意味ではまだまだだけども、自分のTwitterなどで本イベントの存在を知り、来てくれた人もいたのでとても嬉しい。

 プレイヤーとしては未熟だが、将来プレイヤーとして成熟してバックギャモンの魅力をより味わうことが、伝えることができるとしたら随分素晴らしいことだと思う。 

 

 f:id:TownBeginner:20170505225511j:image

  初級者大会にエントリーした特典でいただいた、「改訂新版バックギャモン・ブック」。

 前版持っているけど、コラムなど色々変わっていることもあり、もう一度読み込んでまたバックギャモンをプレイする。

改訂新版 バックギャモン・ブック

改訂新版 バックギャモン・ブック

  • 作者: 望月正行,景山充人,桑門昌太郎,日本バックギャモン協会
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/04/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

*1:僕のユーザー名は townbeginner でやっているので、よかったら登録してくれると嬉しいです。

*2:誤解の無いように書いておくと、代官山のバックギャモンナイトにも強い方はいます。

*3:8人の予選トーナメントを行い、勝てば日本選手権への参加資格を得られる権利。参加料によって、最初から日本選手権にエントリーできる権利もある。

*4:観戦者が勝手に呼んていただけですが、最大級の敬意を表す称号だと思っています。

WAR→P! in Troupe 鈍色のカーテンコール に参加した。満足度は高い。

WAR→P! in Troupe 鈍色のカーテンコールに参加した。

7th-castle.com

 

WAR→Pがどのような公演か、詳細は以下の動画が特にわかりやすいのでどうぞ。

www.youtube.com

 

 シリーズとしては今回の公演が第4作目。初演に参加してもう一つ楽しめなかったため参加を見送っていたけど、今回、時間がふとできてTwitterの様子もなんだか楽しそうだったので参加したが、結論としては初演の不満点がほぼ完全に解消されていて、「自身が参加している」という感覚が強く味わえた。

 以下、前作の不満点とそれがどう解消されたかを書く*1

 

  • 今、全体がどんな状況かわからない→ストーリーがフェーズごとに区切られていて、途中経過が分かる

 今回の舞台は劇団「モノクローム」。公演ができるかどうか、ということで参加者は公演をするための準備をするのだけど、フェーズが終わるごとに、道具班や脚本の進捗状況を伝える芝居が入る。これにより、自分がこれまでやってきたクエスト(大道具を手伝う、脚本家の悩みを解決する、など)がどれだけ成果が出たかがわかるし、その後に「進捗が遅れている衣装班を手伝っておこう」など、その後のクエストの進め方も考えられる。

 ストーリーの見通しがつくことで、何が必要かがわかり、自分が何をするか決定するための材料が増える。これにより、より参加している気分が味わえると感じた*2

 

  • 初心者と経験者の差が激しく、初心者が置いてけぼりになりやすい→それぞれ必要なクエストがあり、納得感がある

 本公演は1回だけで全てのクエストをクリアすることは不可能なため、何回も参加する経験者も少なくない。そのため、経験の少ない参加者とそうでない参加者とが入り交じることになる。そうなると、経験者が特定のキャラクターに列を作って初心者がよくわからないまま列に並んでみたり、ということが1作目で起こっていた。*3

 ネタバレ要素も混じってしまうので詳細は書かないが、経験者向けの難易度の高めのクエスト、初心者向けの難易度の低めのクエスト、どちらも公演をするには必要なクエストと思われるため、初心者だからといって、ストーリーに影響しないような難易度の低いクエストしかできないという感覚は全く無かった。

 今回は1回しか参加していないため経験者の立場で書き切ることはできないけど、前回絡めなかった登場人物と絡んだり、クリアできなかったクエストに挑戦したりと、経験者はより楽しめる形になっていると思う。実際、もう一回参加できたら、今度は難易度の高そうなキャラクターにチャレンジしてみたいと思う。

 

  • 公演時間が60分間と短いため、消化不良気味→公演時間は2時間近くあり、ストーリーを追う余裕がある

 第1作の公演時間は約60分。特に初回はあっという間に終わってしまった感が強かった。そのため、人物との絡みやストーリーの追いかけ方などがさっぱりわからず、腑に落ちない感覚が残ってしまっていた。

  今回は60分以上あるよな、思っていたら、やはり2時間近くあった。これだけ尺があれば、キャラクターと絡む時間も増える上、前述のストーリーの途中経過発表があることで、自分が「今ここにいて」公演を成功させるために動いているという感覚は強くなる。だからこそ、エンディングで公演が打てた時は本当に嬉しかった。

 

 自分がアドベンチャーゲームの主人公になれる参加型公演

 アドベンチャーゲームで、自分がした行動でフラグが立って話を進めていくというのはよくあるけど、 これを実際にリアルでやるとどうなるのか。それが味わえるのが本公演の魅力である。

 自分が登場人物となって、大道具を必死に作ったり、脚本家の悩みを聞いたり、クエストを達成するためにしょっちゅう制作や舞台監督と顔を突き合わせて話をするうちに、次第に登場人物に親しみをもって、「この公演を成功させる!」と、次第に自分がWAR→P!の世界に入っていく。

 現代の劇団というある程度現実感のある設定だから、という部分はあるにせよ、没入感のある公演になっている。主な不満点はほぼ完全に解消されているため、僕のように1作目で食指が動かなかった人がもしいたら、ぜひ一度参加してみることを勧めたい。

 

  f:id:TownBeginner:20170503225437j:image

 公演の帰りに寄った上野の「肉の大山」にて立ち飲みを軽く。

 肉の大山で立ち飲みをするのは初めてだったけど、メンチカツとコロッケをツマミに飲んで、千円でお釣りが来るのはとても良い。

 

 ちなみに、公演のインストラクションでクエストの練習を演るのだけど、初参加だったので舞台上で実際にやった。めっちゃ緊張したけど、おかげで舞台監督の寛田さんが好きになった。

  寛田さん、こういう立ち飲み好きそうだな、とちょっと思った。

*1:これらの不満点は2作目・3作目で既に解消されていたのかもしれないけど、どちらも参加していないため、ここで書く。

*2:書いてて気付いたけど、これ、仕事にもそのまま当てはまると思う。

*3:今回も列になるということはあったが、頻度も長さも1作目よりずっと低かった。

ランチョンマットとプレミアムロールケーキとカフェオレ

 せっかくの土曜日なのに仕事が気にかかって遊びにも集中できず怖くて嫌な霧に襲われてしまった。以前、こういう感じからうつにハマってしまいしんどい思いをしたのでなんとかしたいと思い自衛策を考えた。

 ローソンのプレミアムロールケーキを買おう。そう思った。

 チョコレートケーキが好きだし、この時間に買えるのはそれくらいしか無い。近所のローソンでロールケーキを買って帰った。

 

 最初はそういうつもりはなかったのだけど、せっかく食べるのだから華やかな気持ちにしようと考えて、ちゃんとした食器を用意し、ランチョンマットを敷いて、残っていた美味しいカフェオレをお気に入りのカップに注いだ。

 f:id:TownBeginner:20170503212548j:image

 これを見て不思議と心が落ち着いた。自分のためにきちんと何かを支度できるというのはこんなに安心できるものなのかと思った。よく勉強や仕事で忙しい時に母が夜食を用意してくれた、という感謝の話があるけど、原理的には同じなのではないかと思う。自分を労ってくれる何かがある。その存在を認知することで人は安心する。

 

 カフェオレは程よく甘ったるくて、プレミアムロールケーキは中の甘さがショコラ感があって良いし、外側の少し苦いカカオ感が口の中をすっきりさせてくれる。

 この甘さなら、カフェオレは無糖が正解だけど、今日は別にいい。少しぐらい、甘いものを食べて飲んだ!という感触が今日は気持ちを楽にする。筋トレに悪いのは重々承知の上で、筋トレのプランを立てる。

 

 しんどいことがあったら、自分をちょっと甘やかして心を落ち着かせて、自分に非がそこまで無いことを自覚して、少しの怒りを筋トレにぶつけて、霧を払う。そういうプランはできるかもしれない。

 身体へのあらゆるアプローチを使って怖くて嫌な霧を払っていく。

怖くて嫌な霧が心を覆ってくる

 久しぶりに深夜まで残業し、最終退出者になった。心身の状況を考えると、金曜日で本当に良かったと思う。

 以下、心の整理のために思考をひたすら書く。

 

 技術的な課題を期限までに解決しなければいけないといけないけど解決策が全然見えない状態、やることが期間が短すぎて間に合わないような状況に出くわすとこんな感じの嫌な霧が襲ってきた。美味しいものを食べたり楽しいことをしていても、そのことを意識してしまい集中できない状態。強烈な匂いや味のせいで、何かに混ざっていてもその味を感じてしまうような食材があるけど。それを食べている感覚に近いかも知れない。

 今回は明確な期限が切られているわけではないけれど、人間相手の交渉、それも悪感情を抱いているような人間を説得するような仕事というのは、自分には得意とは思えない*1。こういうのは多分場数を踏んで、相手の怒りに巻き込まれないとか、初歩的だけど自分ができていないところをきちんとこなしていく必要があるのだろう。なかなか心に負荷がかかる話である。

 筋トレだったら負荷をかけても、休ませてタンパク質を積極的に摂取すれば超回復で筋肉がつくから大歓迎だけど、心の場合はそうはいかない。メンタルの鍛え方とか、メンタルトレーニングに関する研究って、そもそも心とは何かという定義が定まっていない分*2、筋肉よりは進んでいないし、アプローチも定まっていない気はする。

 筋トレで心の悩みを解決、というのは、「筋トレが最強のソリューションである」にも書いてあったけど、やれることに集中するというのは分かる気がする。

 

townbeginner.hatenablog.com

 

 身体的なアプローチで心の悩みを解決するというのは何度かtwitterとかで書いた記憶があるけど、やはりそのとおりだと思う。一方向で解決できない問題が他方向からのアプローチであっさり解決することはある。「他方向」のストックが無いと、どうしようもないのが悩ましいけど。

 方向のストックは、振り返りと検証をしないと増えないことが最近の仕事でよくわかったので、振り返りのタイミングを作ることにする。

 

 思考をひたすら書くというのは心が晴れる。

 怖くて嫌な霧の払い方も、少しずつ増えてきたということか。油断してはいけないというのが大前提にはあるけれど。

 GWの1日出社で細かい問題を片付けられると良いのだけれど。

*1:でも、これが得意という人も良く考えたらそんなに居ない気がする……。

*2:心理学的には定まっているのだろうか。定義の問題って、本当に困難な話だと最近特に思う。

立川シネマシティ探訪1 -キングコング・モアナと伝説の海-

  立川シネマシティの有効期限の案内が来た。案内によると4300円分得をしてるらしい。3ヶ月に1日、集中して見ただけだか、これなら交通費を差し引いても元は取れている。何よりで音の素晴らしさは映画の満足度に大きな影響を与えことがよく分かったので、迷うことなく更新した。

 

  会員更新ついでに気になってた映画を二本。

 

 

キングコング 髑髏島の巨神 f:id:TownBeginner:20170408191408j:image

  キングコングはゲームでしか知らなく、映画で見るのはこれが初めて。予告編を見て、キングコングや他の巨大生物が暴れまくってお互いケンカするモンスターアクションムービーを期待していたのだけど、実際にはド派手なモンスターアクションと主人公たちのそれぞれのドラマから成る映画。

  ラスト近く、キングコングがそこまで器用に武器を使いこなすだけの知能があんのかよ、と思ってしまったけど、極爆ということもあって非常に楽しめた。

  それだけに、人間ドラマの方の展開が消化できていないな、と感じてしまった。ジェームズとメイソンは主人公同士だからまあいいとして、プレストンは削った方が良かったんじゃないだろうか。部下の敵討ちに行くプレストンと止めるハンク、結局回収できていない空白地帯のプロットになってると感じた。勿体無いと思う。

  映像に説得力を持たせるためにはドラマが必要だけど、ちゃんと削ぎ落とさないと説得力が落ちて間延びしてしまう。マッドマックス、老人と海の偉大さを改めて思った。

 

モアナと伝説の海

f:id:TownBeginner:20170408191406j:image

  可愛らしい映像とは裏腹に実態はマッドマックス、という評判を聞いたので視聴。今住んでいる島のココナッツや魚が急に取れなくなったので、解決するために大海原に1人漕ぎ出すけど、途中で相棒ができたり、追ってくる大船団が出てきたりで、確かにマッドマックスだった。主人公のモアナが大船団相手に完全と立ち向かう様も、モアナがフュリオサ、マウイがマックスと考えると筋は通る。

  ただ、マッドマックスとの最大の違いは、ちゃんとメンターが居る点である。マッドマックスは基本的には修羅の世界で全て自分で決めなければならないけど、モアナの世界では、タラおばあちゃん、海といったモアナの味方、メンターを出した上で、自分の心に従うことが大事といったテーマを呈示してくれる。そこはさすがディズニー。冒険心溢れる展開で子どもも十分に楽しめる傑作だと思う。

  今回見たのは吹替版だけど、モアナ役の屋比久知奈さんは声も歌も良かった。

 

f:id:TownBeginner:20170408191412j:image

鑑賞後は、餃子のニューヨークにて水餃子。1個サービスしてくれたのが嬉しい。

手羽先餃子などの変わり餃子も美味しかったので、また行く。

アスリート食講座

 アスリート食講座なるものがあると知ったので参加した。

 

  今回のテーマは豚肉。タンパク質が豊富なことに加え、糖質代謝をサポートするビタミンB1、タンパク質の合成をサポートする亜鉛など、アスリートに必要な栄養素が豊富という講義だった。筋トレ中心の生活をしていて、鶏ササミ、胸肉といった高タンパク低脂肪の食品が望ましいと思っていたが、豚肉もそれほど悪くは無いのかなと思い直した。

  お弁当の種類で、鶏胸肉に飽きてきたところだったので、少し豚ヒレ肉、ロース肉を検討してみる。

 

f:id:TownBeginner:20170405223405j:image

豚テキ。タレを作って焼けばいいので手軽。お弁当の具材最有力候補。

f:id:TownBeginner:20170405223357j:image

高野豆腐サンドイッチ。豆腐なので低カロリー。高野豆腐を初めて調理した。フレンチトーストみたいに焼くのが朝は手間のように思うが覚えて損はなさそうだ。

人をいなくするための儀式

 法事だったため朝からてきぱきと始動。今回は参列するだけだったけど、妙に体力と気力を使うのは何故なのだろう。法事が終わった後は、改めて何かをする気になれない。

 

 13回忌ともなれば参列者はごくごく近しい関係者のみとなり、故人の事が話題に上ることもそこまで多くない。例外的に何かあるとしたら、子供が小さいが、相続トラブルぐらいか。研究者や作家で、作品が実を結んだというのも思ったけど、その場合は回忌を待たずに話題になってるから、あまり法事で語られる特有のトピックではないだろう。

 

 13回忌の次は17回忌。4年後はどんな話をするのだろうか。

 50回忌までは数年おき、そこから先は100回忌。そもそも50回忌まで、法事を執り行う人間が存命かも、自分自身が生きているかもあやしい。100回忌ともなれば故人を直接知っている人間はもういない。その時は、故人がどんな語られ方をするのかあまり想像できない。歴史上の人物のような象徴的な扱いになっているとしたら、その人の死を偲ぶという意味合いは薄れてしまうように思う。

 

 こうして、故人は少しずついなくなっていくのだと思った。 

 きっとそれは、人間がきちんと生きて、きちんと死ぬために必要なことなのだろう。

法要は、人をいなくするための儀式として機能しているのかもしれない。自分も、親戚筋との世間話をほったらかしにするような人間ではなくなった。

 

f:id:TownBeginner:20170402211509j:image

f:id:TownBeginner:20170402211532j:image

 

墓参りの近くにあった石材店にて。

キャラ石材は法事で退屈している子供対策だろうか。

ストーブが昭和だった。古い記憶を呼び起こすのは、偶然見かける古いアイテム。