読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も知らない街を歩く

雑記に近い形でちまちま書いていきます。

情熱と発想を失うこと・20年目のカルドセプト

 10代の頃は、「自分が好きなもの・ことは、他の人は興味がない」と思っていた。別に意図していないのに、自分の好きなゲーム、音楽、賛同している人が見つけられなかった。

 そうして僕は、誰かに何かを熱く語るという情熱を失い、発想をしなくなった。

 

 年を取り、世界を歩き、どうやら自分が好きなもの・ことを、他にも好きな人がいるらしいことがわかった。しかし情熱と発想を失った僕は、何かを語る方法をすっかり忘れてしまっていた。

 何をどうやって話せばいいんだろう。

 僕はただ黙っていた。 

 

 何かを語ることができなくなって長い時間が経った。しかし気付いたことがある。何かを「する」ことはできる。だったら、何かをするしかない。

 

 僕は「何か」をした。何かを伝えること・語ることが上手くできているとは思えなかったけど、それでも何かを伝えることできた気がした。

 

 「カルドセプトリボルト」が発売された。

www.nintendo.co.jp

 

 途中、空白期間はあるものの、初代セガサターンからずっと一人でやっていたゲームだった。ただひたすら一人でカードを集めていた。カルドセプトは一人でやるゲームだった。

 カルドセプトをやって、20年が経って、年をとって、他人と一応話はできるくらいのコミュニケーションスキルを身につけることができた。

 もし、当時そういう環境に恵まれていたらどんなに楽しかっただろう。

 

 20年目のカルドセプトは、多少の過去に対する悔根を抱えつつも、目の前に広がる恵まれた環境で、たっぷり遊ぼうと思った。

 

 カルドセプトナイトはそんなイベントだった。

 ありがとうございました。

f:id:TownBeginner:20160714234626j:image

こうして僕は、酒を飲みながらゲームをする大人になった。

酒飲みながらゲームをするのは、メチャメチャ面白いと思った。