今日も知らない街を歩く

雑記に近い形でちまちま書いていきます。

【正解は一年後】毎年恒例の新春タロット占い 2020年版

  毎年恒例の新春タロット占いです。

  去年はほとんど振り返りをしなかったためか、占いの結果歯をあまり有効活用できていないと言う感じがしました。そこで今年は一昨年と同様に、1ヵ月等区切りを決めて振り返りを行うことにする前提で、今年1年の運気を占いました*1

 

  結果はこちらです。 

f:id:TownBeginner:20200102211723j:image

 それでは、1つずつ見ていきましょう。大アルカナは赤字で記載しています。

 

 1月:戦車・正位置

キーワード:冒険心・独立心・探究心・勝負事に挑む・全身全霊傾ける・ハイテンション勝利

 

 振り返りの結果はこちら。

townbeginner.hatenablog.com

 

 

2月:ペンタクルのエース・正位置

キーワード: 恵まれたスター・ビジネス上の幸運・財充足・資金運用がうまくいく

振り返りの結果はこちら。

townbeginner.hatenablog.com

 

3月:ソードの2・逆位置
キーワード: 迷いや不安・忍耐を強いられる・障害や困難を乗り越える・辛い状況から抜け出すため試練に立ち向かう・何らかの選択を迫られる

 

振り返りの結果はこちら。

townbeginner.hatenablog.com

 

4月:カップの9・逆位置

キーワード: 計画通りにいかない・失敗する・先行きが見えない・経済的な悩みを抱える・読みを間違える・援助を失う

 

 振り返りの結果はこちら。

townbeginner.hatenablog.com

 

5月:ワンドの騎士・正位置

キーワード:新たなる旅立ち・人生の岐路・キャリア上の願望・目標達成・立身出世・予測していなかった変化が最高の結果をもたらす

 

 

6月:隠者・正位置

キーワード:内省思慮・深さ・静かな暮らし・真実を求める・不言実行・1人で過ごす時の中で光明を得る・内的成長

 

7月:カップの7・正位置

キーワード:迷い・混乱・誘惑・手が届かない夢・無力感・コンプレックスを解消したい・現実逃避

 

 

8月:ペンタクルの2・正位置
キーワード:資産を運用する、物事を取りまとめる、現実の取り込み、自己管理、生まれ持った才能や得意分野を生かす

 


9月:ペンタクルの3・正位置
キーワード:熟練度が上がる、名声を得る、上昇志向、評価される、文化芸術面で活躍する、その道で才能発揮する

 

 

10月:カップの8・正位置

キーワード:これまで追いかけていたものが意味を失う、価値観が一変する、精神性や冷静が高まる、真の幸福を手に入れる

 

 

11月:ワンドの女王・逆位置

キーワード:かたくなな態度によって敵を作る、努力が徒労に終わる、ストレスや不満が溜まる、理解者がいない孤独を感じる

 

 

12月:太陽・逆位置

キーワード:エネルギー不足、実力を発揮できない、期待が外れる、方向性が見出せない

 

 

キーカード:ペンタクルの9・正位置

キーワード:幸運な展開、才能が花開く、チャンスの到来、恵まれたパートナーシップ、豊かな恵み、良識ある人物

 

 

  一年のストーリーとして読み解くと、ペンタクルが1,2,3と順繰りに正位置に出ている上に、キーカードがペンタクルの9です。ペンタクルは「金銭・現実感覚」を表しているので、今年は金銭などの資産や仕事におけるポジションに注力すべきと読み解きました。

  一方で、「愛情・感情」を示すカップは正位置ではあるものの「迷い」や「失う」といった、大アルカナの「塔」を彷彿とさせるような変化の激しそうな暗示が出ています。人間関係に要注意です。

 

  登場している大アルカナは「戦車」「隠者」「太陽」。1月・6月・12月と図ったかのように等間隔で出現しています。1月は「戦車」。今月は新しい仕事が本格的に始まること、出張も含めて大阪や北海道へ遠出をすることを考えると、冒険心を・探究心を忘れずに進めと言われているようです。頑張ります。6月は振り返りをきちんと行い、12月はくれぐれも燃え尽きたりしないように。

 

  いつもならここで終わりなんですが、今年は思った以上に稽古はっきりとした傾向が出ていて気になったので、もっと詳しくみたほうがいいと思い、「金銭運」「仕事運」「恋愛運」ケルティッククロス・スプレッドで占ってみました。

 

まずは金銭運から。

f:id:TownBeginner:20200102232446j:image

現状:法王・正位置

障害となっていること:ソードの4・正位置

顕在意識:ソードの5・逆位置

潜在意識:死神・正位置

過去(原因):塔・逆位置

未来:ソードの2・逆位置

質問者の意識:ペンタクルのエース・正位置

周囲の状況(環境):戦車・正位置

願望・アドバイス:星・逆位置

最終結果:ワンドの女王・正位置

 

  バランスは取れているけど理不尽な出来事が障害となっている現状、といったところでしょうか。潜在意識の死神、質問者の意識の2つが怖いくらい当てはまっていて引きました。状況は後押しをしてくれているものの、浮かれ過ぎるなよと釘を差されてしまいました。到達点にたどり着けるよう、この一年を生きます。

 

 

  次は仕事運です。
f:id:TownBeginner:20200102211715j:image

現状:カップの王・正位置

障害となっていること:恋人・正位置

顕在意識:ペンタクルの4・逆位置

潜在意識:カップの2・正位置

過去(原因):ソードの6・逆位置

未来:皇帝・正位置

質問者の意識:節制・正位置

周囲の状況(環境):ソードの5・逆位置

願望・アドバイス:カップの6・正位置

最終結果:カップの騎士・正位置

 

  随所にカップが現れています。過去がドンピシャリ以外の何物でもないのですが、それだけに未来は期待してしまいます。周囲の状況は芳しくはないものの、後押ししてくれる・支援を得られる暗示もあるので、人間関係を大事にしながら仕事を進めていきます。

 

  最後に恋愛運です。
f:id:TownBeginner:20200102211712j:image

現状:法王・逆位置

障害となっていること:ソードの2・正位置

顕在意識:ワンドの王・正位置

潜在意識:愚者・正位置

過去(原因):ソードの4・逆位置

未来:死神・逆位置

質問者の意識:ワンドの女王・逆位置

周囲の状況(環境):星・正位置

願望・アドバイス:ワンドの3・正位置

最終結果:ワンドの6・逆位置

 

  金銭運・仕事運とは違い、あまりパッとしない感じです。潜在意識の愚者・正位置は、要するに「もっと自由に振る舞いたい」という願望があるということですね。全くその通りなんですが、重なった年齢の割にはスキルがあまりに乏しすぎるので、顕在意識で抑えている感じですね(ワンドの王のキーワードに「孤独に耐える」とあって笑ってしまいました)。周囲の状況は輝かしいものではあるものの、ワンド(情熱・冒険心)の誤りから、結局現実を変えられないという暗示です。悲しいなあ。

  今年は(も?)仕事に邁進するしかないのかも。

 

  2020年は色々と変化・節目の年になりそうです。自分だけでなく、社会というレベルでも動きがあるのだろうなとぼんやり思っています。

  皆様、今年もよろしくお願いいたします。変わらずお付き合いいただけますと幸いです。

*1:今まですっかり忘れていたのですが、今年からちゃんと、ペルソナ4のサントラより「全ての人の魂の詩」を流しながらやっています。